FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

拍手お礼と「大会の成果」オマケ

ご訪問と拍手、本当にありがとうございます!

「大会の成果」、帰り道の二時間覗き見させて!とかどんな会話してたのか気になる!と、コメント頂いたので、ちょっと考えてみました~。
でも、大した事話してないんですけど(笑)



  帰り道(「大会の成果」オマケ)

「風、気持ちいいですね~。月も綺麗だし!」
郁がニコニコしながら言う。
堂上も郁の言葉に月を見上げた。
「ああ、ホントだな。綺麗な満月だ」
月を眺めながらゆったりとしたペースで歩く。

「そう言えばお前、足は大丈夫なのか?」
「あ、この靴ラクなんで。さすがに走るのはキツイですけど、この位のペースで歩くんなら全然大丈夫です!」
「そうか。まあ、もし痛くなる様だったら早めに言えよ」
「はい!」

「それにしても美味しかったですよね~。夜景もすごく綺麗だったし」
郁が思い出して、うっとりした口調になる。
「そうだな」
暫くはあの料理が美味しかった、あれも美味しかった、など、料理の話しになる。

「あ~、また行きたいなあ~」
「そうだな。行きたいな」
郁の何の気なしの呟きに堂上が答えた。
郁の胸が跳ねる。

いや、堂上教官は相槌打っただけだから!
別にあたしと行きたい、なんて言った訳じゃないから!
内心ドキドキしているのを隠す為に、郁は殊更何でもない風を装う。

「でも、きっと凄く高いんでしょうね!」
「多分な」
チケットを使用した為に一体幾らだったのかは、堂上にも分からなかった。
が、おそらく気軽に行ける金額ではない事は想像出来る。

「そうだな、お前がカミツレ取ったら、祝いに連れて行ってやろうか?」
「ホントですかっ!?って、何年先の話しですかっ!?」
堂上がくくっ、と笑う。
「う~、教官言いましたよ?絶対連れて行って下さいよ!?」
「ああ。俺が約束覚えている内にカミツレ取れる様に励め」
「ど、どれ位の間覚えててくれるんですか?」
「まあ、お前より物覚えがいい自信はある。お前が覚えている間は俺も忘れないだろ」
「あたし、絶対忘れませんから!」
「じゃあ、俺も忘れない」
「……はい」

駄目だ、嬉しい。顔がにやけてくるのを抑えられない。
いつか、また堂上と二人で行けるかもしれない。
そう考えただけでも、嬉しくて堪らない。
にやける顔を誤魔化す為に郁は俯いた。
が、もちろん堂上からは郁の表情は丸見えだった。
そんな郁を見て、堂上もそっと、柔らかく笑った。




てな感じで、たらたらと二時間歩いて帰ってのではないかと。
大した会話しなくても、ただ二人で歩いているだけで幸せだった二人です(笑)

続きからは頂いたコメントのお返事です。




かっちゃんさま  7/12
コメントありがとうございます!
堂上教官、無駄に有能ですから(笑)
私もこの間ものすご~く久し振りに行きまして。
それで考えた話です。単純なんですよ、私(笑)
後編もアップしておりますので、ぜひ!
ありがとうございました!!

ミロクさま  7/14
コメントありがとうございます!
萌えポイントてんこ盛りでしたか!?嬉しい~♪
郁ちゃんと柴崎も服装の描写も頑張ったね、と言って頂けてホント嬉しい!
珍しく服頑張って考えたので!
ありがとうございました!!

片桐麻衣さま  7/14
コメントありがとうございます!
そうですよね、この時期なら「似合ってる」が精一杯かな~、と。
恋人期間なら耳元で「すごく可愛いぞ」とか囁きそうだけど(笑)
帰り道、ただ一緒に歩くだけで嬉しい、っていう空気感を書きたかったので、コメント読ませてもらって凄く嬉しかったです!
ありがとうございました!!

まるちゃさま  7/14
コメントありがとうございます!
普通、二時間も歩いて帰りませんよね!
私だったら絶対嫌だ(笑)
靴擦れは大丈夫だったみたいです~。
今回は郁ちゃんも教官も隊長に感謝してると思います~♪
ありがとうございました!!

ゆんゆんさま  7/14
コメントありがとうございます!
二時間です。呆れますよね(笑)
後から話を聞いた柴崎も開いた口が塞がらなかった模様(笑)
あ、図書館で7/7の夕刊読んで来ました~。図書館で新聞開けてニヤニヤしちゃいました。
教えて頂いてありがとうございます!
ありがとうございました!!

RINさま  7/14
コメントありがとうございます!
ちょこっとだけ帰り道の様子オマケで書いてみました。
でも大した会話が思い浮かばなくてすいません。
少しでも妄想の手助けになればいいのですが(笑)
ありがとうございました!!

Yoshihalさま 7/14
コメントありがとうございます!
はい、柴崎プロデュースですね!教官の反応を想像しながら選んだんだと(笑)
そう、お互い気持ちを認める寸前の頃なんですよね。でも気持ちはダダ漏れだよ、お前等!
てな感じで書きたかったんですが、ちょっとダダ漏れ過ぎたかな?と思ってます(笑)
帰り道の様子、ちょっとだけオマケ書きました♪大した事は話してませんけど(笑)
ありがとうございました!!

舞湖さま  7/15
コメントありがとうございます!
柴崎は二人が見える方に座ってますよね、絶対!
小牧教官にも報告しなきゃなんないだろうし(笑)
確かに手塚が不憫です(笑)
でもその後はバーで窓際のカウンターに二人並んで座ったんじゃないかな~。
「もう少し飲みたい」って言ったのは郁ちゃんと教官を二人で帰らす為だけど、自分も折角ドレスアップしたんだから、手塚と飲みたい、って気持ちもあったのかもなあ、と思ったり。柴崎も自覚してないだろうけど(笑)
ありがとうございました!!

  1. 2011/07/16(土) 14:26:29|
  2. 拍手お礼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<図書館で借りた本6月分 | ホーム | SS 「大会の成果」 後編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tosyokanrendezvous.blog100.fc2.com/tb.php/177-d0ea473a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。